HOME>根管治療

根管治療

根管治療とは?

名古屋市港区当知 ポートウォークみなと1階 ほほえみ歯科名古屋院虫歯は早期発見・早期治療が大切ですが、悪化した場合でも、あきらめずに早めに歯科医院に行きましょう。

根管治療を行えば、歯を抜かずに残すことができます。
根管治療とは、虫歯で汚染された神経や血管、象牙質などを根管から取り除き、洗浄・消毒した後、隙間なく薬を充填する治療法です。

詰め物や被せ物をして、歯を補います。
実は日本での一般的な保険レベルの根幹治療の成功率は50%程度と言われており、世界的なデータから見ても非常に低い成功率となっています。

この状況を変えたいと思い、世界基準の根管治療を学ぶために多くの勉強してきました。
世界標準の根管治療の場合、その成功率は90%以上と言われています。

患者様のご希望に沿った根管治療

当院では、保険診療レベルでの治療を希望される患者さんには、日本の一般的な保険診療レベルでの根管治療を行っています。
一方、自費診療で根管治療を希望する患者さんには、世界最高水準の根管治療を提供しています。

当院が世界基準にこだわる理由

名古屋市港区当知 ポートウォークみなと1階 ほほえみ歯科名古屋院根管治療は、感染した根管を洗浄・消毒する治療法です。
一見、簡単そうに見えますが、歯科治療の中でも最も難しい治療の一つと言われています。

これは、根管が単純な管ではなく、木の根のように複数の枝を持つ非常に複雑な構造をしているからです。
経験的・直感的な治療だけでは、根管の先端をきれいにすることはほとんど不可能であり、このような部分に感染源が残ってしまい、時には再治療や、最悪の場合は抜歯が必要になることもあります。…

根管治療は細菌との戦いであり、細菌を除去できたとしても、再び細菌を増やしてはいけないのが原則です。
そのため、施術中の感染を防ぐためにラバーダムを着用し、清潔に保つことが大切です。

もう一つ重要なのは、マイクロスコープです。
根管の中身は形状が複雑になり、治療が困難になるためです。

根管治療を成功させるためには、マイクロスコープとラバーダムの組み合わせが不可欠ですが、日本ではマイクロスコープの普及率は約10%、ラバーダムの普及率は約5%と言われており、実現できる歯科は限られています。

根管治療でお悩みの方は、世界水準の根管治療が可能な当院にぜひご相談ください。

世界基準の根管治療への取り組み

  • 01根管治療前の歯面の徹底した清掃・消毒

    根管治療の目的は、虫歯菌に汚染された根管内の細菌や血管、歯質を取り除くことです。 歯の周りが汚れているとどんな問題が起きるのでしょうか?
    細菌の塊であり、プラークと呼ばれる1ミリグラムの汚れの中には約10億個の細菌が存在します。
    根管治療の際に、器具が短時間でもプラークと接触すると、器具に付着した細菌が根管内に押し込まれ、根管治療の失敗のリスクが高まります。
    それは、汚れたものを汚れた水で洗うようなものです。
    そのため、当院の根管治療では、まず歯の表面を徹底的に洗浄し、薬液で消毒してから治療を行います。

  • 02ラバーダム

    日本の保険診療でラバーダムを使って感染予防対策をするのは5%で、日本の保険診療レベルの根管治療ではラバーダムはほとんど使われていないと言われています。
    世界的には、ラバーダムがないと根管治療ができないというのが標準的な考え方です。
    世界水準の根管治療を希望する患者さんには、感染予防のための完全なラバーダムを提供しています。
    1mlの唾液の中には、善玉も悪玉も含めて1億個の細菌がいると言われています。
    ただし、治療中に唾液の分泌を止めることはできません。
    ラバーダムは、ゴム板を使って治療する歯を露出させ、治療中に根管内に細菌が侵入するのを防ぐことができます。
    歯科先進国のアメリカでは、根管治療の際にラバーダムによる防湿が一般的に行われています。

  • 03EDTA

    EDTAはミネラルを溶かす薬です。
    機械的な洗浄で生じた根管内の削りカスには大量の細菌が含まれていますが、削りカスを溶かすことで細菌を消毒することができます。

  • 04歯科用マイクロスコープ

    マイクロスコープは、もともと眼科や脳外科で使用されていた手術用顕微鏡で、肉眼の約20倍に拡大して患部を観察し、正確で精密な治療を行うことができます。
    根管の中から歯の先端を直接見ることができるので、これまでは歯科医師の経験や技術だけに頼って手探りで治療するのではなく、目で見て確実に診断して治療するという精密な治療可能になります。

  • 05患者様ごとに新しくする治療器具

    根管の清掃には、針状の「ファイル」という小さなヤスリのような治療器具を使います。
    日本では、これを使用後に洗浄・消毒し、壊れるまで何度も使用するのが普通です。
    当院の根管治療では、ファイルも患者さんごとに使い捨てにしています。

  • 06抗菌性に優れた根管充填剤の使用

    根管を乾燥・消毒した後、空洞になった部分に除去した神経の代わりに薬を詰めます。
    この「根管充填剤」は、根管をきれいな状態に保つために、高い殺菌力と高い封鎖性が必要です。
    世界では当たり前のように使われている薬でも、日本では知られていない優れた素材がたくさんあり、自費診療ならば使うことができます。

  • 07世界基準の根管治療用特殊器具の使用

    日本の保険歯科医療は、国民皆保険制度のもと、治療費の数分の一(多くの人は3割)で受けられる、基本的な機能回復を目的とした治療です。
    もちろん、素材は安くて丈夫なものに限ります。
    当院の根管治療では、使用する機器や材料にもこだわっていますので、保険診療では使用が難しい高機能で高価な機器を多く使用することができます。

  • 08歯科におけるCT診断

    歯科インプラント治療の普及に伴い、「歯科用CT」は歯科治療に欠かせない診断機器として普及しています。
    当院では、必要に応じてCT画像を撮影して画像診断を行い、その上で根管治療を行っています。
    通常の歯科用レントゲン装置は、平面的な画像を撮影します。
    一方、歯科用CTは、撮影部位をあらゆる角度から映し出す立体的な画像診断が可能です。
    その結果、根管の数、湾曲度、角度、伸展度など、根管治療に必要な重要な情報をより詳細に把握することができ、治療をより確実に行うことができるようになりました。

  • 09治療時間

    根管治療に使える時間は、厚生労働省が定めた材料と方法で機能回復を目的とした保険医療の中では限られています。
    世界最高水準の根管治療を受けたいなら、1回の治療に1時間から1時間半の時間を使う必要があります。
    治療は、成功率を高めるために、丁寧に、慎重に、正確に行う必要があります。

愛知県名古屋市港区当知2丁目1501番地
ポートウォークみなと1階
【 市バス地下鉄高畑8番のりば、八田駅1番のりばから
「当知住宅東」下車徒歩5、6分 】
【 市バス東海通4番のりばから
「当知中学校東」下車徒歩5、6分 】

診療時間
月火水
木金
9:00〜13:00/
14:00〜19:00
9:00〜13:00/
14:00〜18:00
日・祝日 休診